人気ブログランキング |
港屋さんって知ってる?
お蕎麦好きには知らない人は居ないと言われる、新橋の港屋さん

耳から入ってくる情報はとてもお蕎麦屋さんとは思えない不思議なキーワードばかり。

・外観は真っ黒でスタイリッシュ、お店の看板が無くお蕎麦屋さんとは気がつかない
・立ち食い蕎麦の概念を変える
・つゆにラー油が入ってる
・ものすごい盛り方、量が多い!
・駅から離れてるのに昼時は常に行列
・あの島耕作も大絶賛??
・蕎麦界のラーメン二郎


ずーっとずーっと気になっていました。

平日しかやってないし・・・お休みの時に行くしかないかな?とばかり思っていましたが
スーパー方向音痴+土地勘0の私012.gif
新橋という場所は会社(当時)から徒歩圏内だということが判明^^;
少し歩くものの勇気をだして行って参りました!!
いざ、立ち食い!!

e0029645_8534586.jpg

13時半くらいに着きましたがまだまだ行列!10分くらい並びました。
お店は本当にコンクリートが真っ黒に塗られたスタイリッシュな建物で一見お蕎麦屋さんとは気づきません。
真っ黒な建物にできる長い行列、この中で何が繰り広げられているの???と通りかかりの人々は不思議に思うでしょう。
看板が無いとのことでしたが小さく↑のようなネームプレート的ものがやんわりと主張していました。
並んでる方々のほとんどがサラリーマンで女性もちらほら。学生や子供が居なく大人の蕎麦屋さんです!

e0029645_859443.jpg

鶏の温かいお蕎麦、確か850円?
お店の中は大混雑で人を縫うように、そばつゆをこぼさないように慎重に歩かなければなりません。
気をつけていたのにちょっとこぼしちゃってあんまりキレイな写真ではありませんね^^;
お昼休みのサラリーマンがわざわざ並んでかっこむくらいなので熱気というか忙しさというかとてもゆっくり写真写したりしてる雰囲気ではありません^^;

お蕎麦は基本的につけ麺しかなく、普通のお蕎麦屋さんのような「たぬき」「きつね」のようなものはありません。
人気があるのは温かい鶏蕎麦と冷たい肉蕎麦の2種類。二つともすごいボリューム!!

蕎麦ドーン!胡麻ドーン!葱ドーン! そして海苔ドーン!!とすべてが豪快!
このボリューミーなお蕎麦を甘辛い鶏入りのつゆにつけていただきます♪
熱くてお茶碗が持てず、しかも立ち食いなので食べにくいことこの上ありませんでしたが・・・

美味しいーーー!!

この独特のスタイルも去ることながらお蕎麦自体もとっても美味しい!!
固めにゆでられた加減も絶妙、蕎麦粉の配分も大目なのかな?風味が素晴らしい!!
そして甘辛つゆ、最高ー!!
ラー油がたっぷり入っているのに嫌な辛さがせずごま油の芳しさがまろやか^^

これはくせになる!!!

e0029645_992121.jpg

と、またまた行ってきました♪
今度は冷たい肉蕎麦です!これも期待通りの美味しさ~
これはお茶碗を持つことができたので食べにくさもなく、前回はさすがにあの量を食べ切れなかったのにペロリと頂いてしまいました。(その後夜まで膨満感でした^^;)

テーブルには大量の生卵とてんこもりの天かすが添えられてるのですが、通いなれているツウの方々は卵をどんどん割りいれたり、天かすでカスタマイズしたり、こだわりの食べ方があるようでした。
私も真似をして途中で卵を入れてみましたがこれも美味しかったです^^ ワイルドな味!


e0029645_914453.jpg

会社を辞めてから行っちゃいました♪
これも肉蕎麦!!
お昼時は混み方も半端なくて25分待ちました042.gif
今の時期はしっかり紫外線対策しなきゃね^^;


e0029645_9161237.jpg

どうしもおぴぴさんに食べさせたくて自分でも作ってみました^^

お蕎麦に胡麻、軽く味付けした牛肉、斜め切した葱、海苔をたっぷりかけてあくまでも豪快に盛り付ける!!
つゆは追い鰹にごま油をひとたらし、それから食べるラー油を好きなだけ入れて。

「クセになる!!」とおぴぴさんも気に入ってもりもり食べてくれました^^

お蕎麦にラー油、意外かもしれないけど相当会いますね♪

e0029645_919535.jpg

一人お家ランチでも再現してみました^^
いったいどこまではまってるの?というはまりっぷり!

今度はつゆをちゃんと自分で作ってみようと思います。市販のより随分甘めなのよね。

今は港屋さんにインスパイアされて、こういうお蕎麦を出すお店も多くなってきたみたいです^^
そういうお店にも食べ比べに行ってみたいな~

平日、並ぶ覚悟、立ち食いOK・・・3条件満たされるお蕎麦好きの方には是非足を運んでいただきたいです♪

そば処港屋 そば(蕎麦) / 虎ノ門駅神谷町駅御成門駅

昼総合点★★★★ 4.0


by koolkooly | 2011-06-02 09:26 | ☆EAT out
<< ムール貝のワイン蒸し☆クリーム... ピエールマルコリーニのカフェ >>