カテゴリ:☆ひとこと( 16 )
HAPPY NEW YEAR!
e0029645_11215740.jpg

[PR]
by koolkooly | 2013-01-01 09:00 | ☆ひとこと
誤算
e0029645_23415083.jpg


とても疲れていた。

とても沢山頑張ったのだ。
一刻も早く帰りたかった。


駅に着いたら電車が2台止まっていた。

1つは先発の急行
もう1つは後発の各駅

先発の急行に乗ってどこかで乗り換えればもう1本前の各駅に乗れる。
後発の各駅なら座れる。

早く帰るか?
座るか?

二者択一の答えは各駅。

「時間」と「快適」と、天秤にかけて選んだのは快適。

時間を選ぶ時もあるけど、今日は快適が優先だったのだ。





途中でおばあさんが乗ってきた。

私は足が悪い。
でも譲る派だ。

せっかく選んだ快適はなくなってしまった。




なんて人生をあらわす出来事なのだろう。
と、思わずうなづいてしまった。
今日一日中考え込んでいたことの縮図みたい。


いつも、計画通りになんて行かないのだ。

いいと思った道が思わぬ方向にいっちゃうものなのだ。


誤算はあったけれど、今日も無事に家に着いた。


明日は急行に乗ってみようか?
もしかしたら途中の乗り換えの駅で座れるかもしれない。
早く着いて座れるなんて、なんてステキなんだろう~

人生もこんな風にうまく行けばいいのに^^





++++++++++++++++++



おばあさんに席を譲った時、正直、思いましたよ。
「なんで私の前なのよ~TT」

そして、そのおばあちゃんたち(実は2人組)あきらかに私が「譲ってくれそうな人」と目をつけていました^^;

さすが人生経験豊富な方々だけあってよく人を見てるわ~

おばあちゃんたちが楽しそうにおしゃべりをしていたのでそれだけでワタクシの行いに日の目があたりましたわ。

「いいことをして心が気持ち良くなった。やっぱり各駅に乗ってよかった^^」

・・・そこまでポジティブにはなれなかったけどね^^;;;
[PR]
by koolkooly | 2012-04-05 00:20 | ☆ひとこと
一つの道
障害者手帳


私のお財布に入ってる、身分証明書の一つです。


海外旅行にショッピング、暇さえあれば食べ歩き・・・
私の普段の行動からはきっと信じられないでしょうね。




足が不自由です。
装具をつけていないと歩けません。


人生を変えた19の夏、交通事故でした。

足の自由は奪われ、顔はぐちゃぐちゃ、夢も一瞬で吹き飛びました。


大きな、大きな、
絶対にかなえたい夢でした。



人々は言いました。
「命があって本当に良かったね」


何を仰る。

どれだけ大事な夢だったか。
どれだけ頑張ってきたか。

夢をかなえるためだけに生きていたのに
夢が無ければ生きていても仕方が無かったのです。

どうして私なの?
私が何をしたの?

返して、返してよ!私の足と夢を返してよ!!

地獄のような日々でした。

障害者になってしまった絶望感と、夢を無くした虚脱感
死んだほうがましだと思いました。

どん底にいました。
冷たく、暗い、底の底。







1年後、人々は言いました。
「よく立ち直ったね」
「あんな辛い目にあいながら」
「もし私だったら・・・こんなに強くはなれないよ。えらいね」


何を仰る。

立ち直るしかありませんでした。

冷たく、暗い、ずたぼろのどん底には

上に行く道しか、ありませんでした。

迷ってる暇など無く

一つしか道はありませんでした。


それは特別なことでもなんでもなくて
えらいからでも強いからでもなくて

とても当たり前なことでした。




1年前に起こった震災の爪あとは
今でも根深く残り、復興の遅れや原発問題など、日本が背負っている課題は見ての通り山積みです。


でも人々は

一つしかない道を懸命に登っています。

忘れることなんて出来ない辛い辛い記憶から
悲しい出来事から

それでも道は上へ上る一つしか無いのです。



震災から1年経って
3月11日には沢山のテレビ報道で「今」を伝えていました。

その中には不自由な生活をなさりながら、大切なものを失ってもなお笑顔の方が大勢いらっしゃいました。

その笑顔を見ていたら

とにかく、一つしかなかったあの道のことを思い出しました。

あの道を上がってきた笑顔なのだと。






私にはささやかな寄付と、影ながら見守ることしかできないけれど


ただ

辛い目に合われた方は辛さに打ち勝ったことを誇りに思って欲しい。と強く思っています。
[PR]
by koolkooly | 2012-03-12 00:33 | ☆ひとこと
一番大切な人
e0029645_22502580.jpg


一番大切な人は誰ですか?




私はずっとおぴぴさん(夫)なのだと思ってました。


それが実は「自分」であるとカウンセラーをしてる長年の親友に指摘された時

頭の中央をザクーっと切られたような
どーんと何かが落ちてきたような

とにかく強い衝撃を受けました。

そっか
自分を大切にしてあげられるのは自分だけ。
自分を大切にしていない人が人を大切にできるわけもない。

そんな当たり前のことを気がつかずにいたなんて
それはそれは強い衝撃でした。
(と同時にカウンセラーとして成長した友人を誇りにも思いました^^)

追い込まれていた時に救ってくれた一言。
「yukikiちゃんが一番大切にしなくちゃいけないのは、yukikiちゃんなんだよ。」


日本人は(と言っても私も生粋の日本人ですが)自分のことを大切に思う気持ちより、どうしても家族や友人を先に考える傾向があるようです。日本の文化ではそれが美徳とされています。
自分を大切にしていると言うと自己愛と勘違いされたり、セルッフィシュだと思われたりしちゃいます。


でも、本当に追い込まれてる・・・ストレスが溜まってる・・・と自覚があるときは
あえて自分を大切にする時間を持つことを意識してみたいな~と思います。



今まで一番大切な人だと思っていたおぴぴさんは
やっぱり一番大切な人です。

一番が二人いてもなんの問題もありませんよね?^^
[PR]
by koolkooly | 2012-02-22 23:15 | ☆ひとこと
今年の目標。
あらためまして、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。


新年はゆっくりすることもなく、2日には飛行機に乗って帰ってきました。
ソウルではみっちりお嫁さん仕事をしてきましたが・・・いつになく辛かったですTT
なので新年早々テンションダウン

なんでしょう?
ジョンをひたすら揚げまくることも、お皿を何十枚洗うこともそんなに苦では無いのだけど
もうとにかくシテクにいるのが嫌で嫌で仕様がありませんでした。
嫌すぎて来年は来るのを止めようと思ったくらい。

こういうのって気の持ちようで、楽しいと思えば本当に楽しくなるし
辛いと思えば益々辛くなるもの。
いつもは持ち前のポジティブシンキングで突破できたのに今回はどうしても楽しいと思えませんでした。

ま、そんな時もあるわね。

e0029645_21463917.jpg

毎年必ず撮る家族写真。
オンマたちも写ってるのでぼかしましたが、最後まで韓服を着ずにふにゃふにゃわがままを言っていた元雷君にズームイン!

・・・こういう子供の面倒くさいわがままにもいつになく反応。
お約束の守れない子はおばちゃん大嫌いです。

そして後でまた戦いを挑まれ、物で殴られそうになったので逆にこてんぱんにしてやりました。
大人は強いのよ~
ほほほ~
(結局一緒に遊んでる?)

そんな「限りなくブルーに近いブルー」な気持ちで過ごしたソウルでしたが楽しいこともありました。

e0029645_2154173.jpg

チャンミンと

e0029645_2155031.jpg

ユンホとMISSIAの前で写真撮ったのが一番の思い出
(ほぼすっぴんでお見苦しいのでモザイクいれさせていただきます)

その他の楽しかったシリーズはまた近々UPいたしますね♪




今年の目標は

とある本を読んだら、あまりでかい目標は立てずに生活レベルの小さな目標から立てていくことが大きな目標につながる・・・ということが書いてあったので毎年立てていて縛られ続ける無理な目標はやめました。

そんなわけで今年の目標は

「タイに行く」

去年は行けなかったんだもーん!



つたないブログではございますが今年もよろしくお願いします^^
[PR]
by koolkooly | 2012-01-05 22:05 | ☆ひとこと
Happy New Year! 2012
e0029645_9294998.jpg

I hope you're enjoying nice holidays with your family.

Yukiki
[PR]
by koolkooly | 2012-01-03 09:32 | ☆ひとこと
as much as possible
e0029645_22295853.jpg

元同僚のRちゃんから「退職と再就職のお祝い」に頂いたお花^^
会社のTEAMの皆さんから頂いたのも赤いお花。
赤いお花のイメージなのかな?
お花を頂くのって最高に幸せな気分です^^


一つの時代が終わり、また一つの時代が始まります。
今度はまた全然別の世界!
業界も規模も社風もガラリと変わります!
アメリカの会社・・・というのだけが共通です。

どんな世界が待っているのか、不安よりもワクワクでいっぱい^^
これから出会うであろう人々、
まるっきり変ってしまう生活、
そしてお仕事・・・
きっと楽しいはず♪と思うのです^^


会社を辞めることになった時・・・正直どうしようかと悩みました。
一瞬だけ^^;
飛行機にタダで乗れたり、大きな会社で働くステータス以外は
他のところでステップアップしたほうが確実に自分のためだということは前からわかっていたことです。

いい先輩に囲まれて甘やかされていたので辞めるふんぎりがつかなかったのですが・・・
丁度いいきっかけとなりました。


本当はこれをきっかけに新しく事業を始めようかと思っていました。
大学の頃のお友達が本を出したり(今はもうお付き合いが無いので本屋さんで目にしたときびっくりしました!)、ブログで見かける才能のある方々に刺激され、「私も何か自分の手で成し遂げたい!!」と思ったのです。

まず考えたのが憧れのカフェのオーナー、それからスンドゥプチゲ屋さん♪
飲食は難しいから・・・と韓国子供服のお店♪

お店を構えるなら絶対に自由が丘!!駅から離れていても動線さえ確保できればいい!路面店というのは譲れない!!とネットで不動産チェックなどもしてみましたが

・・・才能が無さ過ぎてすぐに諦めました^^;;


また人生を模索する毎日。
30歳後半になって訪れた転機・・・これは最後のチャンスかもしれない!と後悔しない生き方をどうしても選択しなければ!と強い気持ちでいました。
as much as possible できる限りのことを。

セミナーに通って敏腕トレーダーになるとか
韓国留学するとか
看護学校に通うとか(実は強い憧れがあります)


そんな時にある人からある航空機関のオープンポジションを紹介してもらいました。
私のように手に職も無いバイト並みの契約社員が38歳で再就職なんて無理!と最初から諦めていたのに
仕事を紹介してくださる方も居るんだ!!というのが正直びっくり。

おそるおそる人材エージェントに登録してみるとあるはあるは求人が!!

今まで温いお湯に使ってラクな仕事ばかりやってきたと思っていたのに
このとき初めて自分のやってきたことが評価された気がして嬉しくなりました。
特別な才能なんか無くても、ちゃんとやってきたことを認めてもらえるのってやっぱり嬉しいものです。

その航空機関のお仕事は・・・メールしてみましたが返事が来ず、ダメだったみたいですが^^;
運よくエージェントを通して面接を受けた1社目で運命の出会いを果たし見事再就職が決まりました^^

もう、エージェントの方からジョブディスクリプションを見せていただいた瞬間に運命だ!と感じ
この会社に入りたい!!と強い意気込みが沸いたので熱意も伝わったようです。

何より高評価してくださったことが有難くて・・・
今までより勤務時間も長くなりますし、責任も大きくはなりますがステップアップ間違いなしです。
私、そんなに働くの大好き人間じゃなかったのに、今はスキルを磨きたい気持ちでいっぱい。


面接は4月中から受けていて計3回、結果は5月末だったので長い期間待たなければなりませんでしたが
なんとなく「絶対受かる!!」という安心感があったので「職探しに没頭する辛い無職期間」は幸いありませんでした。

人生初のハローワークもいい経験になりました。
雇用保険もしっかり貰いましたし、申請すれば再就職手当てもいただけます。
退職後すぐに再就職すると雇用保険は貰えないのでタイミングも丁度よかったです。

退職から1ヶ月半も自由時間が貰え、資格の勉強をする時間もあり、雇用保険と再就職手当ても貰い、
なんて充実した無職期間!!
しかも5月、6月なんてさわやかな季節!

これからは忙しくなるのでおぴぴさんには迷惑かけてしまいますが
夫婦共々のステップアップに2人で協力し合いながらお互い高めていきたいなと思ってます。

思えば・・・去年までは厄年だったからか最悪なことばかりの連続でした。(最後の最後で病気になるしねTT)
長い冬の後には必ず春は来るのね。

as much as possible

出来る限りのことはやろうと思います。
[PR]
by koolkooly | 2011-06-13 23:27 | ☆ひとこと
自分の身は自分で守るという大切さ
心配かけるのも何だし・・・

ブログには書かないことにしていましたが
実は私、ちょっと闘病生活をしておりました。

今日はそんな闘病中のお話をしたいと思います。

この前亡くなった児玉清さん、早くに検査をしていれば助かったのかもしれないと言われてます。
私も今回の自分の病気のことで検査の大切を身をもって知ったので、もしお役に立てばと思い書くことにしました。

e0029645_2062174.jpg

あまりにもかわいくてつれて帰った芍薬の花^^
文章ばかりになってしまうのでお花の写真を入れてみました。



それは遡れば去年の2月、会社の検診で初めて婦人科検診を受けたときのこと。
37年間の人生で初めての検査でした。(これはブログにも書いたので覚えてらっしゃる方もいるかもしれませんね。そのときの能天気なブログ記事はこちら

まず、ここが問題点!!
30過ぎたら絶対に検査は受けましょう!!
「まさか私が」と放っておいた私が一番悪いのです><
でもこの「まさか私が」が本当にあるのですから油断なりません・・・

この検査で細胞異型性の疑いで要再検査になりました。

再検査・・・
あのびっくり仰天な検査をまたやるの??とブルーな気持ちに。
でもこれもあんまり深刻には考えていませんでした。

それまでに腎臓には腎炎の疑いが、心臓には不整脈の疑いがみつかり
そのたびに検査に行きましたが特に治療などはせずに様子見だったのです。
腎臓の方は慈恵医大に何回も通って何ヶ月も検査しましたがいつの間にか数値も元に戻り、
不整脈は何度か検査して本当に不整脈であることがわかったのですが処置や服薬のようなことは無く、「ストレスが原因なのでストレスを取り除いてください」と無茶なことを言われただけ。
検査って何のためにするんだろ?と疑問に思っていたので今回もそんなことになるんだろうと思っていたのです。

一応、六本木ヒルズのクリニックに行って検査しました。ここは会社の帰りにすぐいけるのと女医さんだから行きやすかったというのが選んだ理由です。
小池栄子さん風のさっぱりはっきりした女医さんに再検査してもらうと今度は精密検査をしたほうがいいと言われました。
「まあ、婦人科の病気は4人に一人がなりますから」
「もし最悪がんということになっても助かりますし」
とあっけらかんと説明なさるのでこれまた大きなショックもありませんでした。

そして、また検査??いい加減にしてよー
という気持ちでいっぱいでした。

ここから次の精密検査を受けるのになんと半年も時間を費やしてしまいました。(問題点その2)

これにはやっぱり理由があって、まず婦人科というものはとても予約を取るのが難しいというのが最大のネック。そして女医さんがいい・・・とか専門家がいい・・・精密検査の機械がある・・・と色々条件をつけて探していけば行くほど予約は取れません。2ヶ月先とかは当たり前、どんなに早くても2週間。
その日に行きたいと思ったらすぐに行かないと気がすまない私は益々億劫になってしまいました。

そうこうしてもいられない。とやっと動いたのが季節が2回も変わるころ。

条件の合う病院の予約が全然取れないので、近所の評判の良さげな所に行くことにしました。
ここは何が最後まで行くのが嫌だったかというと、お医者さんがイケメンの遊んでそうな方だったという所。もちろんちゃんとしたお医者様ですがなんとなくね^^;

病院自体は清潔でスタッフさんも感じがよく、設備も整い、患者さんも信頼しているようだったので行ってみてほっとしました。

ここでも何回も検査を受けました。
お医者様の内診だと「見た感じはそんなに悪そうじゃない」とのこと。
子宮頸がんの細胞検診というのは段階が5段階になってます。
とっても大雑把に言うと、1、異常なし、2、異型性を認めるが良性、3が軽~高度異型性、4,5は子宮頸がん
(詳しいことは各自でお調べください)
3には軽~中度の異型性aと高度異型性で要手術のbがあります。
お医者さんの意見では多分2、もしくは3a。

ところが精密検査の結果は驚きの3bだったのです!!

手術決定!!!


ここから今度は手術をしてくれる病院を探します。
イケメン医師が昭和医大の出身なので紹介状を持っていくのにも都合がいいかな?とそちらにお願いしようと試みましたが受付のお姉さんの感じ悪さに耐え切れず却下。
婦人科のエキスパートが居る病院は2ヶ月待ち!
結局また家の近くの総合病院をあたってみることにしました。仕事の関係で土曜日に病院へいけるところが良く、通いやすいところは1箇所しかありませんでした。

いろいろネットでも調べてみましたが、高度異型性の手術というのはとても簡単で手術の技術に大差は無いとのこと。もう病院を選ぶのを止めました。

その総合病院での再検査でもやっぱり3bは覆らず、手術の日取りをすぐに決めました。
子宮頸がんというのは緊急の対処を要する病気ではないらしいです。
とてもゆっくり進行するのでどうしても名医に頼みたい方は2ヶ月待てるのかもしれませんね。

でも私は2ヶ月もはらはら過ごすのは嫌だし、子宮の病気のことはともかくお産の面ではとても評判がいい病院だったので信頼することにしました。

手術を決めたのが年末、手術は1月に受けました。

年末は韓国で過ごしましたが、こんなことになってるので家族の皆様にいたわってもらいました。
それまで具合が悪くなるほどの「いい加減に子供産め!攻撃」にさらされていたのですがさすがに無くなり、ものすごく心配させてしまい申し訳ないくらいでした。

手術は成功、なんと15分くらいの簡単な処置だったらしいです。
5日間入院して、会社は土日をいれて10日くらい休みました。

後からわかったのですが、術前にした血液検査の結果、がんの数値が高かったらしく、3bでも初期のがんだったようです。「がん」という言葉が衝撃的すぎてこのとき初めてショックを受けました。
これまで六本木ヒルズの先生も、イケメンも大したことなさげなことを言ってましたがこんなことになっていたとは・・・本当に検査って大切です。
(断っておきますが、六本木ヒルズの先生もイケメンもとても優秀なお医者さんだと思います。実際、私は何かあったらもう一度診てもらいたいと思います。そんな彼らでさえ内診ではわかりえないことをちゃんと検査したらわかる・・・ということが言いたかったのです。)

祖母も叔母もがんで亡くなっているのに、あまりにも無頓着すぎました。
検査が嫌で今まで逃げてきたのに、結局何度も検査するはめになってしまいました。自業自得です。

子宮頸がんは5年後生存率90%ととても生存率の高いがんです。
でも10%・・・実際になってみると、この10が何故0ではないのかとても怖くなります。
今までは「人間、死ぬときは死ぬんだから!」と悔いのないようやりたいことをやってきましたし、長生きに対しても執着が無かったのですが目の前に終点への道が見えてしまったかのような錯覚を起こしました。怖いと思ったのは初めてです。
これからは定期的に検査を受けて行くつもりです。

今日も先週受けた検査の結果を聞いてきましたが、レベル1になったようです^^ よかった!
でも油断は禁物!

ここまでだらだらと書いてしまいましたが、皆様はお気をつけくださいね!

もし最初の検査結果で異常が発見されたら最初から総合病院に行くことをおすすめいたします。
(私は病院を何度も代わったのが長引いた原因でした。結局最初の健康診断から1年近くかかってしまいました。)
総合病院は待ち時間がひたすら長いですが何ヶ月も検査結果待ちをするよりはよっぽどましです。


そして読んでくださったみなさまお気になさってるかもしれませんが・・・
ご心配なく、子供は産めるみたいです。

お医者さんに「まだ若いし、お子さんもまだですしね」と普通に言われました^^;
まだ若いって・・・^^;
高齢出産が当たり前の世の中になったってことですね。

子供が産めることを前提の手術をしていただきました。
ただ、早産、流産のリスクは高いそうです。これは仕様が無いですね。
そのときが来たら十分気をつけようと思います。

e0029645_21481765.jpg



今日は長い、ながーい闘病記を読んでくれてありがとうございました♪
何が言いたかったかというと自分の身は自分で守りましょう!ということです^^
検査、すっごく大事です。1年に1回は受けておきたいですね!













[PR]
by koolkooly | 2011-05-24 21:46 | ☆ひとこと
3年
もう3年だね。

こんなさわやかな、こんな素敵な季節に
どうしてそっちに行っちゃったのかな。

時間はある程度の悲しみを解決してくれるけど
やっぱり今でも寂しいよ。

毎年ブログに書く返事の来ないメッセージ

いつも楽しみにしてくれてたから今年も書いたよ。


ヒョンもヌナも元気で頑張ってるよー!
見守っていてね。



[PR]
by koolkooly | 2011-05-19 08:33 | ☆ひとこと
謹賀新年
e0029645_1418079.jpg

あけましておめでとうございます^^

今年もよろしくおねがいします!!

2011年元旦
[PR]
by koolkooly | 2011-01-01 14:16 | ☆ひとこと