鍾路でヘムルカルグクス♪
これもえーっとえーっと年明けすぐのお話。
鍾路に用事があったのでおぴぴさんとヘムルカルグクス食べに行きました。

e0029645_22462649.jpg


超ローカルーなお店で、地元っ子おぴぴさんも唖然・・・
でもお味は抜群でした!



*****

留学生活の話に早く追いつきたいんだけど、学校が始まる前も10日もソウルにいたので
そのころのお話が消化できていません^^;

この日は確かおぴぴさんが東京へ戻る前々日とかでした。

ちょっと用事があって鍾路に来たのでお昼はお腹にやさしいカルグクスを♪
やってきたのは鍾路3街の裏通りにある「チャニャンチプ・ヘムルカルグクス」
ヘムルカルグクスとは海鮮うどんのことです♪
お出汁がやさしくて大好き~045.gif

e0029645_22504575.jpg

私たちは鍾閣から歩いて行ったけど、鍾路3街の駅4番出口から徒歩5分ほど。
通りをひょいと入ったとこにあるのでわかりにくいかも?

e0029645_2252586.jpg

もうね、入り口から地元感満載。
そしてこの入り口は美味しい確率85%の趣よ!
ガラス引き戸に赤文字のお店って大体美味しい気がする・・・期待大!

e0029645_22532588.jpg

壁には韓国ではおなじみの「テレビでちゃったよ」アピールが。
ふふふ^^

e0029645_2254576.jpg

お店は決して狭くはないんだけど、明らかにキャパオーバー。所狭しとテーブルや椅子が並べられ大混雑!
私たちは隅っこのカウンター席に押し込められましたー
お昼時だからすごい人!
おじさんたちが来るわ来るわの大騒ぎ!
お店自体は古い建物であまりキレイとは言えず、おじさんであふれかえってごったごたなので
優雅にランチ~
汚いの苦手~な人には向きません。

そしてテーブルには2,3人に一人ずつくらいの配分でキムチ盛りがでーんとおいてあります。
このキムチ、見るからに味が濃くてヤンニョムびっちりタイプ。
スープ物にはこういうほうが嬉しいのよねん♪

e0029645_22565435.jpg

注文しなくてもこのオレンジ色のボウルと小皿がでてきました。
メニューはひとつしかないのでお店に入ったら座るのみでOK
小皿に自分のキムチをいそいそと取り分けます。
このボウルにはきっと食べた後の貝がらをいれるのね?

e0029645_22595892.jpg

はい、きましたヘムルカルグクス!
見るからにあっつあつ!!
厨房ではひたすらこのカルグクスをよそい続けるアジュモニーズと運び続けるアジュモニーズがせわしなく働いています。六厘舎の厨房より忙しそう!
すごい豪快に持ってきてくださいました!!005.gif

e0029645_2312915.jpg

入ってるものはその日によって違うようですが今回は普通にあさりが多かったです。
ムール貝がごろごろ入ってることもあるとか。(2,3個入ってましたが)
常時7,8種類は入ってるようです。
顔を近づけるとすんごくいいにおい~~~
スープも見るからにとろんとろん^^

まずはスープだけスッカラですくって飲んでみると・・・
美味しい~
ふわ~っとやさしい味!
私の持ってるグルメ本によると、化学調味料を一切使ってないんだとか!

e0029645_2344295.jpg

キムチを入れて辛くして食べるのもまたおいしい~
貝が山ほど入っていて嬉しくなりました♪

e0029645_2361981.jpg

熱くて辛いものを食べると涙と鼻水が止まらない私・・・
壁に備え付けてあるティッシュでぬぐいながら食べるのが忙しいー

食べ終わった後は達成感でいっぱいでした^^
なんとこのカルグクス、お代わりもできるようでお値段なんと4500W!
安~

「ひとつのメニューでここまで売れるってすごいよね・・・いい商売だな」と帰り道におぴぴさんがつぶやいてました。本当よね。回転率考えると1日に何人くらい来るんだろ?
ひとつのものを極めるって改めてすごいことだ・・・と思ったのでした。

40年間毎日毎日、鍾路のおじさんたちにカルグクスを作り続けているんだもの・・・
飽きられないってのが本当にすごいと思います。

それにしても鍾路のおじさんたちは相変わらずだったわ・・・
昔はこのあたりによく来たので懐かしかったです。

この近くにはタプコル公園というおじさんたちの溜まり場があります。
引退したけど家にも居づらいおじさんたちが集まる場所なんだそう。
なんだかかわいそう007.gif

「韓国のおじさんはみーんなそうだよ。それでもっといけないのはそれが伝統化してること」
とおぴぴさんは言ってました。
「俺たちがこうなんだからお前たちもこうなれ」みたいな若い世代にも押し付ける風習があるようです。

おぴぴさんがおじさん(今でもおじさんだけど引退したおじさん)になっても
気兼ねなく家にいられるようにしてあげなきゃ・・・

一杯のカルグクスに人生を教わった気がします。



ソウル市鍾路区敦義洞27
서울시 종로구 돈의동 27

찬양집해물칼국수
(チャニャンチプ ヘムルカルグクス)

地下鉄5号線鍾路3街4番出口より徒歩5分
出たら左側に渡り、斜めに入る横道をちょっと入ったところです。
まわりはおじさんでいっぱい。

[PR]
by koolkooly | 2013-01-21 10:00 | - Seoul JANFEB13
<< 遙かプサンへの旅 ⑥海雲台ビー... 遙かプサンへの旅 ⑤プサンの朝... >>